Author Archive

脱毛効果が出る回数

脱毛の効果が出てくる回数というのはどのくらいなのでしょうか。これは実は一概には言うことが出来ません。人によって毛の質も違いますし、脱毛をする部位によっても毛の質というものは違ってくるからです。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンは何歳から

脱毛サロンで脱毛の処理が出来る年齢はいくつからだと思いますか。サロンごとに年齢の制限を設けていますが、年齢を設けていない、何歳でも脱毛できる。サロンも少なくありません。 Read the rest of this entry »

全身脱毛の副作用について

全身脱毛を行うということは全身のムダ毛の処理をしてしまうので施術後にお手入れが楽になって良いだろうなということは想像できる反面、何らかの副作用的なものがあるのではないかと幾分不安になるような人も存在しているようです。ただ、過度の心配は不要なようです。基本的に気をつけたいのは脱毛サロンでの施術もクリニックでの施術でも火傷ということになります。クリニックでの脱毛は脱毛機器の出力が強いので火傷の心配がありますが、医師が付いている脱毛なので細かく打ち合わせをして自分に適した施術を受けることが可能です。また、脱毛サロンでも火傷の心配はあるのですが、それはエステシャンなどが機器の操作を誤った時などしか考えられません。しかし、その際でも術後のお手入れをしっかりと行ってもらえれば大きな心配をする必要もないようです。いずれにしても火傷に至るようなことは滅多にないようですので基本的には安心して施術を受けても良いでしょう。ただ、気にしておきたいのは毎回の施術を受けた後には自分自身でも帰宅後にでもしっかりとお手入れをするということを心がけることです。

脱毛サロンに行く前にやっておくこと

脱毛サロンの予約をして、無料カウンセリングを受けてからいざ脱毛、というとき、予約当日に脱毛サロンに行く前にやっておくべきことは何かあるのでしょうか。それは、脱毛する部位の毛を短くしておくことです。おそらくどの脱毛サロンでも、毛を短く処理しておくように言われるはずです。これは脱毛サロンで行う脱毛方法に由来します。脱毛サロンでは、光脱毛と言われる、毛の黒い部分であるメラニン色素に反応する特殊な光を照射できる機械を使い、肌の奥にある毛の毛根部分に反応させて熱を起こすことで、毛根部分を焼くことで脱毛を行うものです。そのため、毛が長い状態だと、毛根部分まで光が届く前に毛に吸収されてしまい、脱毛効果がほとんど無い状態になってしまうためです。このようなことを防ぐためにも、脱毛サロンでは脱毛箇所の毛を短く処理しておくようにと言っています。ただ、背中やうなじのあたりなど自分でどうしても毛を短くすることができない部分もあります。このような場所は無理に短くしようとすると肌を傷つけて脱毛ができない場合もあるので、そのままにしておいて良いと言われています。

自己処理での脱毛のデメリット

自己処理での脱毛のデメリットは、肌にダメージを与えてしまうところです。よくある肌トラブルが埋没毛で、これは、カミソリや毛抜きでの自己処理でよく起きます。毛穴がふさがって、毛が皮膚の下で再生してしまう状態を指し、無理に自分でとろうとすると、痕が残ってしまうことがあります。自己処理で頻繁にムダ毛処理すると、肌が黒ずんでしまうこともあります。また、自己処理すると角質層にダメージを与えることが多く、そうすると肌のバリア機能が低下し、乾燥状態になります。乾燥すると肌荒れが進行しやすくなります。不衛生な環境や器具を使用して自己処理すると、皮膚や毛穴から細菌が侵入し、毛嚢炎になることもあります。自己処理での脱毛は、このように色々なデメリットがあります。自己処理で脱毛する場合、カミソリでするのがポピュラーですが、カミソリの頻度が増すと、肌の角質を傷つけることになり、肌トラブルを引き起こしやすくなります。自己処理での脱毛では、脱毛クリームも人気ですが、強いアルカリ性のクリームで処理するので、炎症やアレルギーの原因になります。

光脱毛について

光脱毛というのは、脱毛サロンでは主流の脱毛法で、ほとんどの脱毛サロンでは、光脱毛を採用しています。光脱毛が主流になる前は、ニードル脱毛が主に行われていたのですが、脱毛する際、痛いのが難点でした。ニードル脱毛は、針を指してその中に電気を通して処理する方法なのでかなりの痛みを伴います。また、毛を一本ずつ処理していくので時間がかかります。光脱毛は、IPL脱毛とも呼ばれていて、インテンスパルスライトという光のエネルギーを利用した脱毛法になります。医療用レーザーなどのレーザー光と違い、特異な波長をもった拡散光で脱毛します。カメラのフラッシュライトのような光を照射することで、肌の表面の温度を上げず、毛根だけに光エネルギーを集中させます。そのため、これまでの脱毛法よりも、肌への負担が少なく脱毛出来るメリットがあります。光脱毛とレーザー脱毛は、仕組み自体は同じなのですが、光の性質が異なります。光脱毛の場合、一度の照射で広範囲に影響を与えるのですが、レーザー脱毛の場合、直進する光により、一度の照射で一部分に強い影響を与えるという特徴があります。範囲は光脱毛よりも狭くなりますが、その分、光の影響が強いので、光脱毛よりも脱毛効果は高いです。

脱毛する際の注意点

美しい肌を保つためには、定期的なムダ毛の処理が欠かせません。定期的な処理は手間がかかるのでついついサボりがちになる人もいるようです。そんな人には脱毛サロンや医療機関での脱毛を受けることをおすすめします。脱毛サービスを展開している会社は多く、それらがお客さんを集めるために日々様々なキャンペーンを展開しているため、格安の料金で満足の行くレベルまで脱毛ができるようになっているため、利用しないのはもったいないです。脱毛は手軽に受けることができますが、受ける場合には注意する点がいくつかあります。脱毛は肌に光やレーザーを照射して、毛のメラニン色素に反応させて毛根の部分を焼くことによって毛が処理するのが一般的です。肌に負担をかけるため、ホルモンバランスに対しても影響を及ぼすと言われています。そのため、体調が思わしくない人や、成長中の小中学生や、生理中や妊娠中の人が受けると、ホルモンバランスを乱してトラブルを引き起こすことがあります。脱毛によって美しくなろうとした時に逆効果になることもあるので、このような場合には脱毛を受けるのは控えるのがよいでしょう。

レーザー脱毛の種類と効果

レーザー脱毛は、1995年にアメリカのFDAが脱毛効果と安全性について承認をしたことで普及した脱毛方法です。脱毛効果は確かなものの正しい使い方をしなければトラブルを生む可能性もあるため、医療機関でのみ使用することを許されているものです。レーザー脱毛には複数の種類があり、それぞれに特徴があるようなのでまとめてみました。まず、アレキサンドライトレーザータイプです。アレキサンドライトを使用したレーザー脱毛器具で、レーザー脱毛器具の中では照射範囲が広く、日本人向きと言われています。特性として産毛には反応しにくい点もあるようです。次にダイオードレーザータイプです。ダイオードを使ったレーザー脱毛器具で、産毛にも効果があることや肌への負担が少ないこと、男性のヒゲに適しているとのことです。他には、ルビーレーザータイプのものもあります。ルビーを使ったレーザー脱毛器具で、出力する赤色の波長が脱毛に適していると言われています。白人の肌には脱毛効果が高いものの、日本人の肌にとっては波長が合わないなど適していないと言われています。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛はダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどを光源として使用するクリニックなどで使用されている脱毛器による脱毛方法になります。このレーザー脱毛は単一の波長をもつレーザー光を使用して体毛に対して熱反応を強く与えることが出来るため、一回の施術で得られる脱毛効果がとても高い脱毛方法として人気になっています。レーザー脱毛で出力されるレーザー光はとても威力が強い光になります。拡散性が乏しく一ヶ所に集中的に光を照射するために、お肌に与える影響も強く、業務用のレーザー脱毛器は医師の指示のもとで医療従事者が取り扱わなければならない医療器具になっています。家庭用脱毛器の中にもレーザー脱毛器は存在しますが、この場合には出力を抑えて医療器具ほど威力がないため、一般的なフラッシュ脱毛器と同等程度の威力に留まります。レーザー脱毛器はレーザー光の特徴として狭い範囲にしか照射をすることが出来ませんので、一回の照射で広範囲の脱毛を行うことは難しいのですが、少ない回数の照射で脱毛効果を得られるとして人気があるんですよ。